似合うメガネの選び方

似合うメガネの選び方


基本的な選び方
3/1
黒目中心
・フレームの縦幅が眉毛からあごまでの3分の1を目安にするとバランスが良くなります。
眉毛の形とフレーム上部の形が平行にすると顔なじみが良くなります。
また顔幅とフレーム幅が同じが少し小さいくらいのサイズ感がいいです。

・黒目がレンズの中心付近にくるのが最適です。
黒目の位置が左右に偏ってしまうと、バランスが悪くなります。
強度数の方はレンズの中心付近に黒目がくると薄く仕上がります。
(PD(瞳孔間距離の測り方))

・顔の輪郭と異なる形のフレームを選ぶ
丸顔の方が丸メガネをかけるとより強調されてしまうので、四角い系のフレームを選んだ方が顔の下部がスッキリ見えます。

・顔幅とフレーム幅が同じくらい
フレームのサイズ感も重要なポイントです。
小NG例:フレーム幅が狭いと目が離れてみえます。
大NG例:フレーム幅が広いと目が寄って見えてしまう。
NGNG例:フレームと眉毛が離れてて、眉毛の角度が平行でない場合


顔の形とフレームの形

顔の形
  • 丸顔

    キリッとした「スクエア」タイプがおすすめです。
    スクエアだとフレームの主張が強いと感じる際は、「ナイロール」や「ツーポイントフレーム」などもおすすめです。

  • 四角顔

    優しい印象の縦幅長めの「オーバル」がおすすめです。
    他にも「ボストン」や「ラウンド」もおすすめです。

  • 面長顔

    フレームが大きめな「ウエリントン」がおすすめです。
    避けた方がいいのが、縦幅の短い「オーバル」や小ぶりな「ラウンド」です。
    縦幅が深い「ボストン」もおすすめです。

  • 逆三角顔

    丸いフレームの「ボストン」がおすすめです。
    「ラウンド」や「オーバル」もおすすめです。
    また、「ナイロール」や「ツーポイントフレーム」などのフレーム主張が少ない方が顔全体のバランスが良くなります。



「自分はメガネが似合わない」と思っている方、自分の顔の形にあった種類のフレームを選ぶことによって、ガラリとイメージが変わるので参考にしてください。

問い合わせフォーム